才賀紀左衛門あびる優親権問題

才賀紀左衛門ブログ収入は消滅間近か「児童福祉法違反でサイバー社がBAN検討」週刊文春

才賀紀左衛門あびる優親権問題

2022年9月22日発売予定の週刊文春にて、あびる優さん元夫の才賀紀左衛門さんがアメブロ運営のサイバーエージェントから通告を受け、娘に関する投稿を削除していたことが判明しました。

サイバーエージェントが動き出した理由として、「才賀紀左衛門さんに児童福祉法違反の疑い」があり、違法行為の助長になってしまうことを防ぐ為だったことが判明し、更にBANの動きがあると匂わせる内容も新たに明らかとなりました。

才賀紀左衛門ブログは消滅間近か「児童福祉法違反でサイバー社が削除依頼」

才賀紀左衛門さんは娘さんを巡って、これまであびる優さんと「親権」について揉めておりました。

元々父親の才賀紀左衛門さんが親権者だったものの、結果として2021年4月に母親のあびる優さんに親権が変更されました。

しかし、親権者変更後も娘さんの引き渡しに応じない才賀紀左衛門さん。

強制執行後も理由を付けて、娘さんの引き渡しに応じようとしませんでした。

【関連記事】才賀紀左衛門娘は怯えてた「言う事聞かないと父親から暴力」週刊文春

親権者が変更となったにも関わらず、シングルファーザーを名乗る才賀紀左衛門さんでしたが、あびる優さんがアメブロ運営元のサイバーエージェントに異議を申し入れしていたことが明らかとなりました。

『ところが、今年9月2日を最後にAちゃんの写真が突如、才賀のブログから消滅。9月5日以降の投稿では、Aちゃんの名前やあだ名に加え、「娘」などの表記も使用されなくなっている。その裏で、あびる側から申し入れがあったという。
サイバー社の関係者が明かす。
「サイバー社は才賀さんの投稿を規約違反と認定。プラットフォームとして放置するわけにいかず、メールと対面で通告した」』
文春オンライン『「規約違反と認定」あびる優の前夫・才賀紀左衛門のアメブロから“違法連れ去り”7歳娘の写真が消えた』より抜粋)

この理由について週刊文春は「才賀紀左衛門さんに児童福祉法違反の疑いがあり、サイバー社が動き出した」と暴露。

『「親権者変更後も才賀氏がAちゃんを引き渡さないことは民事上違法であり、利得目的でブログに掲載する行為は刑事罰のある児童福祉法違反の疑いもある。これの許諾ないし黙認は、サイバー社による違法行為の助長になるため、8月にその旨申し入れました。過去の写真がまだ残っているため、引き続き対応します」』
週刊文春『あびる優前夫ブログが消した“違法連れ去り”娘写真』より抜粋)

児童福祉法違反は刑事罰の対象にもなりかねない犯罪。

サイバー社は犯罪の片棒を担ぐ様な行為はしないことや「過去の写真への対応」についても指摘をしております。

よって、才賀紀左衛門さんが9月2日以降ブログに娘を登場させなかったのはサイバーエージェントから要請があり、サイバー社は「児童福祉法違反の疑い」があるブログへの規制を開始したことが明らかとなりました。

才賀紀左衛門ブログ収入は消滅間近か「児童福祉法違反でサイバー社がBAN検討」

ところで、過去にサイバー社からブログ削除依頼があったというアメブロガーはサイバー社から来た警告文を公開しておりました。

『お客様が投稿された【ブログ記事】にて規約違反となる箇所を確認し、削除を行いましたことをご報告いたします。
今一度以下「利用規約」をお読みになり、ご理解いただけますようお願い申し上げます。
【違反、削除理由】
・Amebaを営利、非営利、有料、無料を問わずに他のサービス等へ誘引するために利用していると
 Amebaが判断した場合
・年齢制限を有するサイトへの誘導や卑猥、猥褻な表現を投稿、送信しているとAmebaが判断した場合
・その他上記を誘発する行為、上記に該当するおそれがある行為とAmebaが判断した場合
なお、今後全てのサービスご利用において、違反行為が確認された際には、利用規約に基づき、通知なく削除や退会措置等をとらせていただく場合がございます。予めご了承ください。』

内容を見ていくと、「次は垢BANしますよ」といった内容にも見られますが、垢BANの条件として「今後全てのサービスご利用において、違反行為が確認された際には」と書かれておりました。

実際に才賀紀左衛門さんはこれまで娘さんについての記事を多く出しており、多岐に渡っています。

(才賀紀左衛門さん公式ブログより抜粋)

過去のブログについても「対応をしていく」と発表をしたサイバー社。

才賀紀左衛門さんのアメブロは垢BANされる条件が見事に揃っており、BANの可能性が非常に高いとみてとれます。

才賀紀左衛門ブログ収入は消滅間近か「本業収入無くアメブロの広告が頼り」

才賀紀左衛門さんは元々格闘家であるものの、格闘家としての仕事は殆どないことを週刊文春は明かしておりました。

『「才賀さんは現在、本業の格闘家としての仕事はほとんどない。主な収入源は『アメーバブログ』の広告です。アメブロは子育て世代の読者が多く、才賀さんは『パパ部門』1位と人気です」(スポーツ紙記者)』
週刊文春『あびる優前夫ブログが消した“違法連れ去り”娘写真』より抜粋)

実際に才賀紀左衛門さんは現在もアメブロのパパ部門で1位。

アメブロ公式より抜粋)

娘さんがいて成り立つ収入となっています。

その為、このブログがBANされることにより、才賀紀左衛門さんは大きく収入を失ってしまうことにもなりかねません。

サイバーエージェント社に目をつけられてしまっていることからも、才賀紀左衛門さんは娘さん関連記事を掲載することも出来ない状態。

そして、娘さんの記事を掲載すれば、ブログをBANされる危険性。

まさに才賀紀左衛門さんのブログ収入は危機的状況に直面していると言わざるを得ません。

https://www.fukuokahachikujyo-pro.com/398/.html

山田遥楓抹消理由は嫁にあった「源田壮亮の絶縁宣言で追放危機」週刊文春
2022年9月22日発売予定の週刊文春にて、西武ライオンズの山田遥楓選手の嫁が、同じ西武の源田壮亮嫁で元乃木坂46の衛藤美彩さんをSNSで誹謗中傷していたことが明かされました。 山田遥楓内野手は元々源田壮亮内野手とライバルながらも関係...

コメント

タイトルとURLをコピーしました