アトムの童

アトムの童ネタバレ全話まとめ「主題歌はドラママイファミリーと同じ音楽クリエイター」

アトムの童

2022年10月16日、日曜劇場「アトムの童」がついに放送開始となります。
アトムの童に関するネタバレと配役、役者の情報、更に手がける監督やスタッフなどの情報を一挙公開。

気になる主題歌はBGMのみであり、ドラママイファミリーで活躍した音楽クリエイターの大間々昴さんが担当していると判明しました。

アトムの童第1話ネタバレ

エピローグ

過去に那由他はゲーム開発者として、菅生や公哉と共にゲームを開発していた。

そして、那由他はゲームを開発し、菅生や公哉と共に完成を喜んでいた。

そして、時は現代へ。

那由他はゲームコミュニティセンターの上に住み、自動車整備工場で働く日々を送っていた。

その頃、海は「やよい銀行」の融資担当として、働いていた。

海の父親であるアトムの社長が自分の娘に融資を頼み込むが、海は融資を断る。

海の父親の夢や冒険を語る様子に海は次第に嫌気が指す。

海は父親に帰る様に促す。

海は居酒屋で先輩の井手に父親のことを愚痴る。

アトムへ海が訪問「おもちゃへの嫌気」

翌日、海はアトムへ行き、専務のかがみと造形師の八重樫に「姫」と言われ、出迎えられる

そこで海はカプセルトイの売れ残りを目の当たりにする。

カプセルトイを処分する様いうが、そこに現れた海の父親は「捨てられない!」と断固拒否。

海は「おもちゃ屋という稼業は好きではない」と更に苛立ちを覚える。

海の父親はやけになり、別の場所へ融資を頼みに行くと、幕張メッセへ行く。

そこにいた那由他はガチャガチャを回そうとする

ガンをかけた所、海が那由他に「早くしてほしい」と言う

那由他は狙っているカプセルトイが出ず、海に「邪魔された」と怒る

海の父親が突然倒れる「興津にゲームを奪われた過去」

そんな中、海の父親が倒れる。

一方で、店長の森田が那由他に「チラシを早く配れ」と言う

那由他と森田はSAGASのゲームバトル会場へ。

そこにSAGAS社長が現れる。

スマッシュスライド4のアプリを発表し、数十万のDL数を一気に手に入れる。

那由他は興津のゲームを「金で釣るだけのペラペラゲームだ」と語る。

その理由は過去に那由他が開発したスマッシュスライド4を興津に横取りされていたから。

その後スマッシュスライド4はダウンロード1位だが、評価は2.5だった。

興津は「ゲームはあくまで検索サイトを呼び込む為のえさ」と言い放ち、スマッシュスライドのゲームの質にこだわらない様子だった。

興津は加えて、「ダウンロードされないアプリは意味ない」と切り捨てる。

興津の語ったダウンロードされないゲームとは「ジョンドゥ」のゲームだった。

那由他旧友の過去とアトムの技術

一方、海の父親は一命を取り留めたものの、後遺症で麻痺が残る可能性があり、車椅子での生活になるかもしれないと語る。

那由他は緒方の家へ行くが、緒方はすでに亡くなっていた。

緒方の母親は「自分を責めないでほしい。」と那由他に語る。

やよい銀行の支店長がSAGASを訪問。

アトム玩具が「玩具とゲームの動きを連動したシステム」を特許として持っていると語る。

海の父親は「アトムを継いでほしい」と海に語る。

「ワクワクを届けたい」と強く語る。

しかし海は「現実を見てよ!」と語り、苛立つ。

海は幼少期を思い出し、父親と新しいキャラクターを作り、喜んでいた顔を見せていた頃を思い出した。

しかし、会社へ家のお金までつぎ込み、母親はいなくなってしまう。

その苦い思い出によって、おもちゃが嫌いになってしまった自分を思い出していた。

SAGASの魔の手「アトムの特許を手に入れたい」

海は自身の会社がSAGASに求められていることを支店長に伺う。

アトムの特許を生かし、3Dゲームを開発したいとのこと。

その為にアトムの特許を売って欲しいと語る。

その代わりとして、アトムの社員はSAGASの社員として雇ってもらえる

その後、アトムの八重樫とかがみに相談に行くが、アトムの買収を反対される。

那由他はゲームコミュニティーカフェで玩具を組み立てる

隣にいる海はストレス解消でゲームをやっていた

海は那由他に絡み、「プラモデル如きで」とバカにするが、那由他はアトムの社長を絶賛する。

那由他は「アトムのおもちゃに元気をもらっている人がいるだろうな」と語り、海は動揺する

その頃海は父親とおもちゃに触れ合っていた頃を思い出す。

那由他は森田と会話するが「もうゲームとはさよならした」と語る。

森田は「お前のゲームにも力をもらっている人がいる」と語る。

海は実家で昔に遊んでいたおもちゃを取り出す。

かがみが現れ、「海はおもちゃが大好きだった。あれほど大好きだったのにどこへいってしまったのか」と語る。

そんな中、アトムの社屋が火事になる。

アトムの社屋全焼「海が会社を継ぐ決心」

那由他がスマホを見ていくと、アトムが全焼したことを知る。

那由他はアトム本社へ行くが、全焼してしまった様子を目の当たりにする。

海は父親と全焼した社屋を見て「特許を売ればお金になる。お金を売って会社を整理する」と語る。

父親はそれでも「アトムを成長させたい」と語る。

海の父親は「おもちゃがなくても困らねえ。だけどワクワクする。こう言う時こそ笑顔で乗り切れ」と看板を探す。

海は「バカだよね」と語るけど「清々しい。」海は「アトムを継ぐ」「ボロボロの所から始めるのも悪くない」と語る。

那由他はその姿をみて、自宅へ戻る。

那由他は緒方たちと共にゲームを開発した頃を思い出す。

海はやよい銀行を辞めることを支店長に語る。

支店長は全面的にアトムを支店長権限でバックアップすると語り、やよい銀行を退職する。

海は個人でゲームを作る「インディー」を使って、大手に負けないゲームを作れると語る。

アトムで作りたい物を作ると語る。

ジョンドゥは誰か「唯一コンタクトの方法は製作者へのバグ報告」

一方で海は井手と飲みに行き、つてはないかと語る。

「ジョンドゥはどうか?」と井手は提案。

「ジョンドゥ」は名無しの権兵衛であり、この6年間何の音沙汰もないと語る。

「バグ」を利用して、「ジョンドゥ」を探すのはどうかと井手は提案。

「バグを見つけることができれば、そのバグを報告することで、ジョンドゥとコンタクトが取れる」と井手は語る。

その頃、海は全焼したアトムを立て直し、新生アトムを築く為にかがみと八重樫と共に準備をする。

那由他はゲームコミュニティセンターへ行き、海が遊んでいる様子をみる。

海は「バグを見つけてジョンドゥに会いたい」と那由他の前で語る。

バグを見つけるのはどれくらい大変か、那由他は語る。

既にバグは多々見つかっているのに、無理だと語る。

那由他は「アトムが潰れてもいいの?手伝ってよ」と語るが、「ゲームはやらない」と那由他は語る。

那由他は過去にゲーム開発した頃を思い出す。

興津に開発したゲームを奪われ、緒方は「僕のせいだ」と語り亡くなってしまった過去を思い出す。

森田は「なぜ自分がジョンドゥだと言わないんだよ!」と那由他に詰め寄る。

森田は続けて「公哉が死んだのはお前のせいではない。」と語り、以前3人でゲームを作ったアパートの鍵を見て「いつまで持っているんだ。捨てちまえよ」と言う。

那由他は過去に3人でゲームを作ったアパートへと赴き、ゲームを開発したパソコンへと座り、起動させる。

過去に作ったアイデアノートを見て、思い出していた。

那由他はゲームコミュニティセンターへ戻り、夜までバグを探していた海を起こす。

海はそれでもバグを探そうとしており、そんな姿を見て、那由他は海のゲームをプレイする。

那由他はラストステージにバグがあると語り、難なくラストステージまで進めてしまう。

森田は「お前今最高にいい顔している」と那由他に語る。

森田は海に「ラストステージにバグがある」と言うメモを残す。

海はジョンドゥの正体には気がついていないものの、「那由他すごい」と語る。

那由他はバグ報告を見るが、まだ0件。

一方で海はバグを探そうと、ゲームコミュニティセンターに居座る。

海がバグを発見「ジョンドゥの正体と興津との因縁」

海はついにバグを見つける。

ようやくバグの報告を行い、整備工場中の那由他はバグを見つけたことに驚く。

そんな中、SAGASの興津社長が来社。

「何か協力できることはないか」と興津社長がアトムを見に来る。

海は「おもちゃ作りのノウハウを生かして、自分たちなりのゲームを作りたい」と語る。

興津は「中途半端なゲームよりも、SAGASの様な大企業に使った方がいいのではないか」と語り、アトムには無理だと語る。

興津はお金はいくらでも払うので、SAGASに特許を売って欲しいと語る。

アトムに那由他が来る。

那由他は興津に「あんたはゲームをわかっていない。」と語り、自分がジョンドゥであることを打ち明ける。

興津は「アトムのゲームはジョンドゥが作るんですか」と語り、去ってしまう。

那由他は「バグの報告を受け取った。アトムのゲームを作らせて欲しい」と言い、海は「よろしくお願いします」と語る。

そして、那由他はゲームクリエイターとして再びパソコンの前でゲームを作り始める。

那由他は早速、アトムのゲームを作り、「これよりもさらに良くなる」と語る。

森田は興津のせいでゲームを作らなくなったという。

元々は興津と那由他の共同開発だったが、興津に奪われてしまったという。

一方で菅生はSAGASに歓迎され、「ジョンドゥ」として名乗っていた。

アトムの童第2話ネタバレ

倒産寸前の「アトム玩具」に、待望の那由他が加わることとなった。

しかし、なかなか新ゲームのアイディアがうかばない。

社長の海は、「ジョンドゥ」の再結成することをすすめるが、那由他はそれをするならやめるとまで拒んだ。

仕方なく、新しいパートナーを探すべく、ゲームジャムのイベントに海と那由他で参加したところ、隼人と遭遇し、にらみ合う。

海は、二人に何があったのかをネットカフェの森谷に事情をきくと、公哉が興津に話したことでゲームを横取りされたこと、そして公哉が自殺したことを教えてもらった。

そこで、海は、隼人がSAGASに入社したのは保身のためではないのではないかと那由他に話す。

那由他は、公哉の実家にいき、隼人が何を考えているのか知らないかと公哉の母に尋ね、隼人が別の形で自分を犠牲にして興津に復讐しようとしていることを知る。

急いで那由他は隼人に会いにいき、説得するが、隼人はもう遅いと言って背を向けてしまう。

しかし、結局隼人は契約をする前に興津の一言で、自分を犠牲にし盗まれたゲームの名義を変えるという契約にサインするのをやめた。

そして数時間後、ゲーム機に向いあわせですわる那由他と隼人。

ゲーム対戦の相手のくせで自分がお互いの相手をしり、わかりあう。

そこに海が表れて、隼人もアトム玩具の仲間入りとなった。

アトム玩具では、新しいキャラクターが生まれようとしている。

しかし、その裏で興津がまた怪しい動きをみせはじめた。

アトムの童第3話ネタバレ

那由他に隼人が加わり、「アトム玩具」で約一年が過ぎた。

繁雄たちがデザインしたキャラクターがゲームに採用され、経営再建に向け、アトム玩具は前途洋々に思われた。

一方、やよい銀行の小山田支店長から突然、手形のジャンプができないと、融資金の即時返金を迫られる。

期限は1ヶ月。

しかし、アトム玩具はもう一か月よりまだ一か月あると考えようと社員全員でがんばろうと団結する。
那由他と隼人は、親友を失ったのは資金繰りを彼にまかせっきりにしたことだと、同じ間違いをしてはいけないと自分たちも資金を集める努力をしようとし、隼人はSAGASのパブリッシャーを引き抜いてくる。

そして、パブリッシャーから投資家とゲームクリエイターを繋ぐ大規模プレゼン大会があることを提案され、那由他たちはラストチャンスに賭けることにする。

プレゼンでは、海がまず英語でつかみをとり、隼人がゲームの説明をする。

そして、那由他が質疑応答を担当した。これもパブリッシャーの提案だった。

質疑応答で、興津がゲームの投資ではなく、アトムの債務返済では趣旨がちがうのでは、といじわるな質問をする。

那由他は、正直にアトム玩具がすきだからと損得を考えず、純粋な気持ちを伝えた。
残念ながら、アトム玩具は投資を受けることはできなかった。

しかも、パブリッシャーは、興津の息がかかっていたのだ。

何も知らないアトム玩具では明るく残念会をし、そこに森田があのプレゼンをネットで見て関心をしめしたインド人がいると、飛び込んできた。

俄然やる気を出した那由他は、ゲームの良さをそのインド人に知ってもらうためにパソコンを開いた。

すると、画面はピンク色に。ゲームのデータが消えてしまっていたのだった。

それをそっとみていた人物がいた。

アトムの童第4話ネタバレ

那由他と隼人が苦心して作ったアトム玩具のゲームデータが消えてしまっていた。

ゲームを復元できなければ、10日後のインド人投資家ラマチャンドランへのプレゼンに間に合わない。那由他は急ピッチで復元を試みるが、1か月はかかる膨大な作業。那由他は外注しようとするが、隼人は妥協して間に合わそうとする那由他に我慢ならず口論になってしまう。アトムの会社内がギスギスし、社長としてまとめきれず、海は自分の社長としての器がないのかと悩んでしまう。

 そんな中、八重樫専務が、やよい銀行から派遣されている鵜飼に、データを消した犯人ではないのかと詰め寄る。そこに海が現れ、鵜飼には鵜飼の事情があるが、一生懸命仕事してくれていると理解を示す。

 一方、隼人は外注の仕事のクオリティが低すぎ、クレームをいいにいったところ、そこに那由他がいた。結局二人とも妥協できないことを確認し、やっぱり二人で作り出そうと誓い合う。

 那由他と隼人は、アトム玩具のジオラマに目をつけ、背景にジオラマを撮影したものを取り込むことにした。そして、アトム玩具の爺さんズたちもアトム玩具の昔のおもちゃを復活させ、日本のおもちゃ好きのラマチャンドランの興味を引こうと頑張る。

 10日後のプレゼンの朝、またもデータを消すよう小山田支店長にいわれた鵜飼がパソコンの前にいた。誰もいないと思っていたのに、突然那由他が起きてきた。那由他のどこまでもあきらめない姿をみた鵜飼だが、那由他が立ち去ったあと、パソコンにエラーが発生。

 パブリッシャーに連れてこられたインド人投資家ラマチャンドランは、アトム玩具の怪獣などにすっかり喜び、さっそくゲームを見せてくれという。

 そして、ジオラマのアナログ感とゲームのデジタル感が見事に融合された新ゲームを発表することができた。鵜飼が支店長の指示を無視し、再試行のボタンを押したのでプレゼンに間に合った。

 無事、アトム玩具は5000万円の融資を受けることができ、その祝賀会で鵜飼は前回データを消したことを懺悔する。しかし、アトム玩具の全員はそれのおかげでもっといいものができたと鵜飼を受け入れるのだった。

 そのころ、やよい銀行が使えないとわかった興津は次の一手をすすめようとしていた。

アトムの童第5話ネタバレ

アトム玩具の「アトムワールド」が完成し、販売することとなった。

おじさんズはよろこんでゲッチャリロボのノベルティを作ってしまうが、店頭販売ではないと、那由他たちは笑いあう。

ところが、配信サイトに販売の申請を出すと、どのサイトからも審査で弾かれてしまう。那由他たちは理由がわからず。

そのときにアトムの事務所に興津から連絡があり、実は興津が経済産業省とつるんで配信サイトに圧をかけていたのだった。

興津は配信サイトがない那由他たちにSAGASが運営する世界最大のゲーム配信サイトでアトムワールドを扱わないかと持ち掛ける。

那由他たちは興津の話には乗らず、アトムのホームページで配信を開始するも影響力がなさすぎて売れない。

そこで、ゲーム店でアトムワールド体験会のイベントを開いて、販促用のゲッチャリロボを配る。

けれどもゲームは一向に売れない。

しかし、そのイベントで配ったゲッチャリロボに注目が。

体験会にいった人々がゲッチャリロボをSNSにあげていたのを海外の人がみて、それがほしいとの注文が入り始めた。ゲームではなくキャラクターに火がついたのだ。

海外で人気がではじめ、アトム玩具は那由他のアイディアで色を自分でつけるゲッチャリロボを売り出し、それがヒットし、ダウンロードも増えていった。
興津は焦りだしていた。

経済産業省からも、ゲームの質のよさが必要だということで「ゲームワードジャパン」で賞をとる必要があると迫られる。

興津は、手をまわしその賞をとることができた。

しかし、アジアでのゲーム大賞は実際の人気から評価されるので、その賞はアトムがとったのである。

アトム玩具は、これからは順風満帆になるとかおもっていた矢先、やよい銀行から融資1億5千万の期限切れを理由に負債額を株式に換え、サガスに全部売渡してしまったと言い渡される。

SAGASがアトム玩具の筆頭株主となし、アトム玩具は差押えされてられてしまう。
絶叫する那由他。

すべてを失ってしまったアトム玩具。

そして蛇のように笑う興津がいた。

「アトムの童」概要あらすじ

今作の舞台は現代のゲーム業界。那由他は、大手企業や販売元を介さず個人でゲームを制作する、通称「インディー」と呼ばれる若き天才ゲーム開発者。「ジョン・ドゥ」という名前で活動し、誰もその素顔を知らないことから「ゲーム業界のバンクシー」と称されていたが、ある事件をきっかけにゲーム開発から離れ、静かに暮らしていた。

その一方で、ある会社が彼を探していた。その会社とは、老舗玩具メーカー「アトム玩具」。海外との価格競争などの影響で、廃業の危機を迎えていた「アトム玩具」は一発逆転の経営再建のために、新業態として「ゲーム制作」へ参入すべく、経営の舵を切る。資金もノウハウも持たないアトムは、藁にも縋る思いで「ゲーム業界のバンクシー」である那由他とコンタクトを取ろうと奔走するが・・・。
(アトムの童公式サイトより抜粋)

「アトムの童」登場人物

安積那由他(あずみなゆた)

<キャラクター紹介>
大手企業や販売元を通さず「個人」でゲームを制作する天才ゲーム開発者。(インディーと呼ばれる)
「ジョン・ドゥ」という名前で活躍し、誰も那由他の正体を知らない。
それ故に「ゲーム業界のバンクシー」と称される。
ある事件をきっかけに、ゲーム開発から離れ、自動車整備工場で働いている。

<安積那由他役 山﨑賢人>
35歳の高校生で阿久津涼役を怪演し、一躍有名になる。
以降はキングダム、陸王、今際の国のアリスなど多くの主演を務め、日本を代表する役者となる。

<主な出演ドラマ・映画>
・陸王

・キングダム

・今際の国のアリス

富永海(とみながうみ)


<キャラクター紹介>
カプセルトイの老舗玩具メーカー「アトム」の1人娘。
夢を追いかけ続ける父親に反発し、家業を嫌っていた。
元々やよい銀行に就職をしていたが、海外との価格競争で廃業の危機を迎えていた「アトム」を目の当たりにし、経営再建の為にアトムを継ぐこととなる。
その際に「ゲーム開発」でゲーム業界へ参入し、一発逆転を狙う為、天才ゲーム開発者の那由他とコンタクトを取ろうとする。

<富永海役 岸井ゆきの>
2009年に「小公女セイラ」でデビューし、その後は松本潤主演の「99.9」で加奈子役を演じ、最近ではパンドラの果実で重要なキャラクターを演じる。

<主な出演ドラマ・映画>
99.9-刑事専門弁護士-

パンドラの果実〜化学犯罪捜査ファイル〜

菅生隼人(すごうはやと)


<キャラクター紹介>
・天才ゲーム開発者時代の那由他の過去を知る人物

<菅生隼人役 松下洸平>
2008年に「ペインティングシンガーソングライター」の洸平としてデビューし、以降は俳優として「スカーレット」の八郎役を演じ、一躍有名となる。

<主な出演ドラマ・映画>
・最愛

・スカーレット


・知ってるワイフ

興津晃彦(おきつあきひこ)


<キャラクター紹介>
インターネット検索サービス「SAGAS」」の社長。
那由他と因縁がある。
大学時代に起業し、SAGASを日本最大のIT業界へと成長させた。
「アトム」の買収を企み、オンラインゲーム事業にも力を注ぐことから「ゲーム業界の黒船」として恐れられている。

<興津晃彦役 オダギリジョー>
2000年に「仮面ライダークウガ」で初主演となり、以降は「時効警察」「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」などに出演。

<主な出演ドラマ・映画>
東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

時効警察

森田聡(もりたさとし)


<キャラクター紹介>
那由他の学生時代の先輩であり、「ジョン・ドゥ」の正体が那由多であることを知る数少ない人物。
那由他が間借りをしているネットゲームカフェの店長を務めている。

<森田聡役:岡部大(ハナコ)>
お笑いトリオ「ハナコ」のリーダー担当。
近年では「しろめし修行僧」でドラマ初主演を果たし、俳優業にも力を入れている。

杉野結衣(すぎのゆい)


<キャラクター紹介>
ネットゲームカフェのアルバイト店員

<杉野結衣役 飯沼 愛>
「この初恋はフィクションです」の主演に抜擢され、一躍有名となる。
2021年にデビューとなった期待の新人女優。

井出大(いでまさる)

MANTANWEBより抜粋)
<キャラクター紹介>
やよい銀行の融資担当であり、海の先輩。

<井出大役 馬場徹>
2006年「ミュージカル テニスの王子様」で柳生比呂士役を演じる。
以降、俳優としては「池井戸潤原作」のドラマや日曜劇場を中心に出演することが多く、「下町ロケット」「ルーズヴェルトゲーム」「陸王」などに出演。

小山田賢雄(おやまだけんゆう)

Drama &Movieより抜粋)
<キャラクター紹介>
やよい銀行神田支店の支店長。

<小山田賢雄役 皆川猿時>
グループ魂で「港カヲル」名義でバンドも手がける。
大人計画所属の名バイプレイヤー。

緒方公哉(おがたこうや)

ヤフーニュースより抜粋)
<キャラクター紹介>
那由他の友人であり、那由他に深く関わる人物である。

<緒方公哉役 栁 俊太郎>
2009年にメンズノンノのモデルグランプリを受賞したことでモデルデビュー。
以降、弱虫ペダル、るろうに剣心最終章 The Finalなどにも出演。

緒方奏絵(おがたかなえ)

Drama & Movieより抜粋)
<キャラクター紹介>
公哉の母親。那由他と隼人の過去を知る人物

<緒方奏絵役 戸田菜穂>
1993年NHKドラマ「「ええにょぼ」でヒロインの朝倉悠希役をつとめ、一躍有名になる。

吉崎誠(よしざきまこと)

Drama & Movieより抜粋)
<キャラクター紹介>
興津の秘書

<吉崎誠役 六角慎司>
1993年に演劇集団「ジョビジョバ」のメンバーとしてデビュー。

相良晶(さがらあき)

<キャラクター紹介>
ゲーム販売、インディー開発の手助けをする人物。

<相良晶役 玄理>
東京出身の韓国籍女優。
映画「水の声を聞く」で第29回高崎映画祭最優秀新進女優賞を受賞。
米映画批評雑誌「Variety」にて、「物語を動かす重要な役どころを魅惑的に演じきった主演女優」と評される。

富永繁雄(とみながしげお)

Dorama & Movieより抜粋)
<キャラクター紹介>
海の父親。
老舗玩具メーカー「アトム」の2代目社長

<富永繁雄役 風間杜夫>
1957年に「子役」として活動し、1982年の映画「蒲田行進曲」で一躍有名となる。

八重樫謙吾(やえがしけんご)

Drama & Movieより抜粋)
<キャラクター紹介>
「アトム」の専務。

<八重樫謙吾役 でんでん>
30歳の頃に素人として出演した「お笑いスター誕生」で一躍有名となる。
1981年、映画「の・ようなもの」で俳優へ転身。

各務英次(かがみえいじ)

Drama & Movieより抜粋)
<キャラクター紹介>
「アトム」の天才造形師。
カプセルトイ用のフィギュアを製作。

<各務英次役 塚地武雅(ドランクドラゴン)>

お笑い芸人「ドランクドラゴン」の塚地武雅さんは2003年頃から俳優としての活動にも力を入れており、「間宮兄弟」や「ハケンの品格2」「裸の大将」でも活躍。

アトムの童主題歌

アトムの童主題歌は残念ながらありませんでした。

しかし、2022年春ドラマ同様、音楽クリエイターの大間々昴さんが手がける壮大なBGMで幕を下ろしました。

監督スタッフ

脚本 神森万里江

まだまだ知名度は高くないものの、脚本を担当した「この恋あたためますか」は最終回で11.3%を記録し、最終回にいくに連れて物語をワクワクさせてくれる傾向が見られる。

<主な脚本作品>
・この恋あたためますか

・相棒 season18 元日スペシャル

音楽 大間々昂

主に映画級のダイナミックな音楽を中心に作成していることが特徴。
ドラマ、マイファミリーでもその様子がよく見られる。

<主な音楽作品>
・映画「アキラとあきら」

・マイファミリー

その他制作スタッフ

プロデュース 中井芳彦

プロデュース 益田千愛

演出 岡本伸吾

演出 山室大介

演出 大内舞子

https://www.fukuokahachikujyo-pro.com/1758/.html

https://www.fukuokahachikujyo-pro.com/1744/.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました