ザ・ノンフィクション

内縁の妻(フジタ同級生の母)は被害者「藤田父に遺産相続の約束破られる」ザ・ノンフィクション

ザ・ノンフィクション

2022年10月23日放送の「ザ・ノンフィクション」にて、ゲーム芸人のフジタさんが壮絶な生い立ちと父親との複雑な関係性をVTRで紹介されておりました。

フジタさん父親と事実婚状態でもある朱美さんは放送終了後に大バッシングされておりましたが、内縁の妻朱美さんはむしろ被害者であり、フジタさんの父親が朱美さんへ遺産相続の約束をしたはずなのに破られていたことが判明しました。

内縁の妻ザ・ノンフィクション炎上問題まとめ

・ゲーム芸人のフジタさんは幼い頃に母親を亡くし、父親と共に暮らす様になる。
・ところが、フジタさんの父親はフジタさん同級生の母親である「朱美さん」と恋仲になり、小学2年生でフジタさんは1人暮らしをする様になる。(フジタ父のネグレクト)
・フジタさん父親と朱美さんは30年以上「内縁の妻」として関係を続けている。
・フジタさんの父親は毎月末に3万円を渡す約束をしており、デートの際にお金を渡している。
・加えて、15日に+3万円を朱美さんに渡している。
・フジタさん父親は認知症にかかっており、毎日の様にキャッシングを借りては限度額一杯まで使ってしまう。
・借金まみれの状態となり、お金を渡せないことを朱美さんに伝えるが、朱美さんは「お金がなければ別れる」というコメント。(→大炎上のきっかけ)

内縁の妻(フジタ同級生の母)は被害者「藤田父に遺産相続の約束破られる」

内縁の妻、朱美さんは「(フジタさんの父親が)毎月3万円を渡せないなら別れる」と一部分が切り取られていることにより、大バッシングとなっておりました。


『息子に借金させてお花見デートだと…??
ふざけすぎてる…』


『はい出ました
お金くれないなら
別れる』

明らかにヒール役として描かれてしまった朱美さんですが、そもそも「別れる」と発した原因として、フジタさんの父親が財産相続の話を朱美さんにしており、約束を破られたことにありました。

『遺産相続の問題』

『聞いてないよ私』

『私のことはちゃんとこれとこれやれば生活できるだろうって』

実際に遺産相続の話し合いの場面を見てみると、フジタさんの父親は「内縁の妻(朱美さん)には言っていない」とはっきりと答えておりました。

『内縁の妻に相続のことは話した?』

『そういうのは言ってない』

明らかに知っていて教えていない様子からも、内縁の妻朱美さんが「裏切られた」と感じてしまうのは致し方ないことでしょう。

よって、内縁の妻朱美さんはある意味では被害者とも見られる内容です。

内縁の妻フジタとの関係は険悪ではない「電話で話し合う仲」

ところで、ゲーム芸人のフジタさんは冒頭で内縁の妻である朱美さんを恨んでいる様なコメントを残しておりました。

『内縁の妻がいい人だとしても憎しみになりますよね』

しかし、以前にゲーム芸人のフジタさんは動画配信の中で、今の内縁の妻との関係性について「よく電話をして当時の話をすることが多くなった」と語っておりました。

『内縁の妻もやっぱ心配してたわけですよね』

『電話で話したり当時の話をすることが非常に多くなったんですよ』

ザ・ノンフィクションで収録されたのは2022年2月。

フジタさんが動画で語っている内容は5ヶ月前の2022年5月頃。

実際に朱美さんもフジタさんに対しては「かわいそう」と語っていたりする様子もあります。

『真也くん(フジタさん下の名前)に厳しかった 見てても』

『かわいそうだった』

以上から、内縁の妻とフジタさんは電話自体は頻繁にする仲であり、悪くはない関係と言えるのでしょう。

元々フジタさんも朱美さんも父親に振り回されてしまった内容が見られ、2人とも被害者と言わざるを得ないでしょう。

https://www.fukuokahachikujyo-pro.com/1827/.html

https://www.fukuokahachikujyo-pro.com/1744/.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました