競艇中田達也選手転覆事故

中田達也(競艇)死亡事故画像が地獄絵図「真っ赤に染まる海と蘇生で救助艇爆走」ボートレース宮島

競艇中田達也選手転覆事故

2022年11月6日、宮島競艇場で開催された「第13回Pay Pay銀行賞」のレースにて、中田達也選手が後続競艇に接触し、死亡する事故が発生しました。

中田達也選手の事故画像を調べていくと、大量出血して辺り一面が血の海地獄になる様子や、一刻を争う状態で救助艇が爆走する様子も見られ、まさに地獄絵図だったことが明かされておりました。

中田達也(競艇)死亡事故画像が地獄絵図「大量出血で海が真っ赤」

中田達也選手はボートレース宮島、第10レースで後続競艇に接触し、転覆。


『消された事故シーンです
中田選手どうかご無事で!!』

現在はボートレース公式動画サイトで削除されておりますが、転覆後に周辺が血の海になっている様子が確認できます。

真っ赤に染まる程の海であり、この画像だけでも既に地獄絵図と見受けられる内容です。

中田達也(競艇)死亡事故画像が地獄絵図「蘇生で救助艇爆走」

中田達也選手は一時心肺停止状態だったと見られ、ツイッター民からも「心肺蘇生中」というコメントが見られました。


『中田達也
心肺蘇生されとるらしい。
まじか。』

実際、心肺蘇生の為に救助艇が大爆走する程であり、以下の動画終盤でも様子が見られました。

まさに一刻を争う自体であり、救助艇も猛スピードな様子が窺えます。

中田竜也競艇事故が怖い「2022年は発生率が高い」

ところで、中田達也選手の事故に限らず、競艇事故は2022年になって非常に増えています。

まずは2022年10月24日に発生した大山千広選手の事故。

丸亀の12Rで発生した事故ですが、後続艇に追突され負傷。
この事故で骨盤を骨折する大事故となりました。

そして、2022年2月2日に発生した石川真二選手の事故。

芦屋競艇で開催されたG3アサヒビールカップにて発生し、石川真二選手が艇に顔面直撃する大惨事となりました。

そして、2022年1月12日、多摩川ボートレースで発生した事故。

小林晋選手が大転覆し、帰らぬ人となりました。

中田達也

以上からも、競艇は死と隣り合わせであり、命がけの勝負。

競艇は一歩間違えると、大怪我を負ったり、亡くなってしまうことがよく分かる内容です。

https://www.fukuokahachikujyo-pro.com/2113/.html

https://www.fukuokahachikujyo-pro.com/2079/.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました