はじめてのおつかい

黒木エリー死因は交通事故か「ひき逃げ事件に巻き込まれた情報」はじめてのおつかい

はじめてのおつかい

2022年7月16日放送の「はじめてのおつかい」にて、21年前に出演していた「えりちゃん」が成長した姿で出演すると思いきや、2年前にまさかの事故死していたことが判明しました。
「えりちゃん」は黒木エリーさんという芸名で芸能活動をしており、「大阪メルヘン」のメンバーでもありました。

そんな黒木エリーさんですが、死因は「自殺ではないか」と噂されていたものの、交通事故に遭遇した不慮の事故である可能性が判明。
更には「ひき逃げ事故に遭遇したのではないか」という情報も新たに浮上しました。

黒木エリー死因は交通事故か「ひき逃げ事件に巻き込まれた情報」

はじめてのおつかいに登場した「えりちゃん」は初登場時、5歳の園児でした。

大人に成長してからは「黒木エリー」さんとして、「ジャパントータルエンターテインメント」に所属していた芸能人であり、「大阪メルヘン」というアイドルグループにも所属をしていました。

『みなさん大変お待たせいたしました。

第11弾選抜メンバーは#歌井そら#相原みなほ#竹ノ内あゆな#黒木えりー#相原かなみ
の5名で頑張って行きます。

これからの彼女達の #成長 を楽しみながら、一緒に盛り上げていきましょう‼️』

 

そして、黒木エリーさんがお亡くなりになったのは7月13日。
「不慮の事故」と書かれておりました。

『あれから21年…
実は、2020年に絵理ちゃんは
亡くなられていたんですね
絵理ちゃんのご冥福をお祈り申し上げます。』

 

『弊社所属の黒木エリー(くろき・えりー/本名黒木絵理)が7月13日(月)、不慮の事故のため急逝しました。満24歳でした。

黒木エリーは2016年に弊社主催の舞台に出演後、2019年3月から弊社に所属し、舞台を中心に役者として活動。
最近はお笑いコンビを組み、多岐にわたる活動を展開しておりました。

警察からの死因の正式な発表と所属キャストへの影響を鑑み、このようなタイミングでのご報告とさせていただきました。』
ジャパントータルエンターテインメント公式サイトより抜粋)

 

「事故死」と曖昧にしている表現や「警察から」という事務所の公表文から「自殺ではないのか」と囁かれておりましたが、「ひき逃げにあった」という噂が発見されました。

『ぺにょ、友達からひき逃げにあったと聞いたんだが?
芯の強い子だし、自殺は100パーあり得ない』

 

ぺにょとは黒木エリーさんの愛称。
そして爆サイに、黒木エリーさんと知り合いらしき人物が「ひき逃げにあった」という情報を明かしています。

実際にツイッターでも黒木エリーさんの友達らしき人物が「車にぶつかっても」「車に勝ちそうなくらいパワフル」と「車」を強調しており、交通事故らしき内容を公開しています。


『明るくて元気で
皆から愛されていた
ぺにょ(黒木エリー)と言う友人が
亡くなったと聞いて。
車にぶつかってもあの子なら
車に勝ちそうなくらいパワフルで
崖から落ちたり、遭難しても
あの子なら生き残りそうと
思えるほど強く見えた。
命って儚い。
大切に生きなきゃなって思う。』

 

実際に「ひき逃げ事件」であれば、警察が動いても全く不思議ではありません。

以上からも、黒木エリーさんの死因は「交通事故」である可能性が高く、不運にも「ひき逃げ事件」に巻き込まれた可能性が高いと見てとれます。

黒木エリー死因自殺はデマ「悪夢見すぎたストレス」

黒木エリーさんの死因が「自殺ではないか」と言われていた理由として、2020年5月22日の「葬式に流す曲」という意味深なツイートが挙げられていました。


『葬式で流す曲かー
たしかに、見つからないなぁ
まだ○ねないのな笑

いや、○にたいわけじゃないけど、生きたいわけでもない
いまがめちゃくちゃ幸せでハッピーやから
これが続けばいいなって続くだろうなって思ってる今日この頃なんやけど
この漫画は染みた、なんだろな、核心ついてる』

 

「葬式」や「死」「生きたいわけでもない」というワードが書かれており、「自殺」を連想させる様なワードです。

しかし、実際に調べていくと、意味深ツイートをした翌日、黒木エリーさんは「ここ最近悪夢を見続けていた」というツイートもしていました。


『悪夢みすぎて
2時間に一回目が覚めた夜でした

ここ数日、起きてる時鬼ハッピーなのに、見る夢は怖かったり変な夢ばっかりで ちょっと寝るの怖い』

 

この情報からも、「単に悪夢にうなされていただけ」と見られ、自殺と関係があるとは言い難い内容です。

元々、ツイッターのホーム画面やツイート文でも前向きなコメントが多い黒木エリーさん。


『>好きに生きようや』


『今ね
こんな感じ』


『やかましいわ

大きなお世話じゃ』

 

とても自殺間際の女性がするツイートの様には見えません。

従って、爆サイでも書かれていた通り、黒木エリーさんの死因が「自殺」という噂は限りなく低いと見てとれます。

はじめてのおつかいえりちゃん死亡原因は交通事故か「チャリ活中に遭遇の可能性」

黒木エリさんが交通事故に遭った可能性は高いと見られますが、実際に普段から「チャリ活」をしていたことが判明しました。


『今日もええ夢見て目覚めたんじゃ
最近毎朝番長(母)と電話してて
朝元気なんよねぇ
うれしい

ただ今日は雨降るそうなのでチャリ活中止しておきまうす☔️

雨やだなー
この天気がいい 』

 

普段から活発な様子を見せていた黒木エリーさん。


『あ、全然病んでないんで!むしろ、鬼元気
友達のバイクにまたがってイキった顔できるくらいにはハッピー
イキる時しゃくれるの何故? 』


『今日は、自然と地球を見てきた。
川→滝。
日本百滝の一つ笹の滝へ。
マイナスイオンで皮膚の上の空気の層がピリピリひしひし伝わってきた。

写真結構気に入ってるんで、
これでも見て
みなさん心を浄化しなはれ

明日もチャリ族。

みんな、これが

地球や。』

 

アウトドア派な一面がチラホラ見られ、活発な女性だったと見てとれます。

自転車と乗用車の交通事故は減少傾向ではあるものの、依然として交通事故件数の約1/5弱の割合を占めるほどの遭遇率。

『警察庁の自転車乗用中の事故は年々減少傾向にありますが、それでも依然として交通事故件数全体の約15%前後で推移しています。』
アルソック公式ページより抜粋)

 

実際、過去にクロスバイクと車の衝突事故に遭遇したことのある男性へ取材を行った所、「自転車はスピードがあって急に止められない」ということを語っていました。

自転車は急にブレーキを切っても止められないしスピードもあるので、歩行者よりも死亡確率が高いです。自分はそこまでスピードの出せない路地裏でぶつかったので、骨折だけで済みましたが、スピードが出ていたら間違いなく亡くなっていたと思います。(20代男性)

 

黒木エリーさんは頻繁に自転車でサイクリングをしていたと見られ、事故の遭遇確率が高い状況下であったと言っても不思議ではありません。

また、スピードを出しながら運転する自転車は歩行者と比べて事故死する確率も高いとみられます。

よって、黒木エリーさんは自転車乗車中にひき逃げ事件にあってしまった可能性も否定できないでしょう。

はじめてのおつかいえりちゃん不慮の事故原因は自動車衝突か「駆け出し中の舞台女優」

不慮の交通事故で亡くなったとみられる黒木エリーさん。

黒木さんは「駆け出し中の舞台女優」とも見られ、人生もこれからという様子がよくみられます。


『幸せは歩いてこない
だから歩いて行くんだよおおおおおおおおおおおお』


『2020年に他界した黒木エリーちゃん。楽しいひと時をありがとう。大きな声で笑い、クリッとした瞳で拗ね、歌も踊りも器用で上手。あなたのいない2021年はちょっと意外な驚きです。たいして新たに入れる情報もないくせに、生きる者の記憶は薄れるので、今年最後に感謝を呟きます。』


『おはようございます☀️

昨日も夜遅くでしたがLINELIVE配信にお付き合いいただきありがとうございました!

昨日は #劇団くれおーる のお稽古で、新作の読み合わせを行いました!

そして、演出家の佐藤香馨先生と、劇団員の黒木エリーが今月誕生日なので、みんなでお祝いをしました~✨』

 

駆け出しの女優であり、非常に美人な女性。

そんな女性が突然亡くなってしまうことは本当に無念としか言い様がありません。

私自身も親友を中学1年生の時に亡くしたことがありました。

中学1年生の入学式から数日経った時、同じ様に交通事故で突然この世から去ってしまいました。

小学校の時からずっと同じクラスで毎日当たり前の様に遊んでいた友人がある日突然一生の別れを迎えることとなった心境というのは、当然すぐに現実を受け入れられません。

特にご家族となれば、数年経っても受け入れられないでしょう。

友人を亡くした私ですらもすぐに現実を受け入れられなかったので、ご家族は相当辛いお気持ちになっていても不思議ではありません。

そう思うと、黒木エリーさんのご家族も本当にお辛い気持ちだったと強く感じられます。

404 NOT FOUND | ゼニエモンのZブログ
ドラマや映画、芸能系のトレンドを中心に元大手新聞記者が一挙情報を大公開!!
谷あさこ鼻画像まとめ「整形ではなくメイクで立体感演出」
2022年7月13日、「ノブナカなんなん?」に出演していたアナウンサー谷あさこさんの鼻が浮き出ていたことが話題になり、「整形ではないか?」と噂されました。 谷あさこさんの整形疑惑について調査した所、メイクによる立体感演出の可能性が浮上...
ゴゴスマの統一教会偏向報道がヤバい「坂本弁護士殺害事件を生み出した過去」西田教授激昂放送事故
2022年7月15日、TBS系列のゴゴスマにて、両親が統一教会だった元2世信者の嘉陽田恵利さんの意見ばかりを放送したことにより、立正大学の西田教授が激昂するという放送事故が発生しました。 統一教会擁護にも見えるゴゴスマに違和感の声が続...

コメント

タイトルとURLをコピーしました