つかしん不審物事件

つかしん不審物最新情報が判明「関西アマチュア無線フェスティバル来場者の忘れ物」

つかしん不審物事件

2022年7月18日の午前10時15分ごろ、兵庫県尼崎市の商業施設「つかしん」の南館4F男子トイレに不審物が発見され、大騒ぎとなりました。

この不審物に関する情報を調査した所、7月16日〜17日にかけて開催された「関西アマチュア無線フェスティバル」忘れ物ではないかという新たな情報が判明しました。

つかしん不審物現場状況まとめ「爆発物処理班らしき護送車が見える」


『つかしんで不審物見つかったらしくスタバの店員の方に営業出来んから離れてくれって言われた💦
警官おるしなんなん😰』


『つかしん、不審物発見で封鎖されてる〜😯』


『某つかしんで不審物が見つかって警察いっぱい
館内放送でも呼びかけあって一部施設封鎖
不審物てなんやろ🤔』


『つかしん不審物で
一次閉鎖中で警察確認中ですわぁ
シャッター閉まってる😂』


『何ヶ月かぶりにつかしん来たら不審物で規制されてて、靴も買えんかった🥺』


『つかしんで爆発物騒ぎ。
ひがしまち南館の一階と二階が封鎖しれています。』


『つかしん爆弾処理車来てるのかなこれ』

 

つかしんの爆発物らしき騒動により、爆弾処理班も出動する程の大騒ぎとなりました。

結果として、つかしんで見つかった爆発物らしき不審物は「危険物ではない」と判明。

7月18日午前、兵庫県尼崎市の商業施設「つかしん」の男子トイレから不審物が見つかりました。警察は爆発物の可能性もあるとして、爆発物処理の専門部隊が対応に当たっていましたが、その後『危険物ではない』とわかり、警察は威力業務妨害の疑いも視野に捜査しています。
ヤフーニュース『【速報】「ニクロム線が出た包み。中に乾電池」商業施設「つかしん」のトイレに不審物 一時建物を封鎖 『爆発物処理の専門部隊』が出動 “危険物でない”と判断 威力業務妨害容疑も視野に捜査』より抜粋)

 

警察は「威力業務妨害の疑い」で捜査を続けています。

つかしん不審物最新情報が判明「関西アマチュア無線フェスティバルの忘れ物」

つかしんの不審物に関する情報として、「関西アマチュア無線フェスティバル2022の忘れ物ではないか」というツイートが新たに発見されました。


『「昨日まで、関西アマチュア無線フェスティバル2022が開催されていたから、忘れ物ではないのかな?」というコメントがあって謎が全て解けた』

 

更に、今回爆発物として疑われた特徴を見ていくと、「カーナビ機器の様な物」と「配線」が入っていたという情報が判明。

『段ボールはA4サイズよりやや小さく、高さは約10センチほどで、カーナビ機器のようなものと配線が入っているという。』
(ヤフーニュース『尼崎の商業施設「つかしん」で不審物、爆発物処理部隊が出動 買い物客が避難、周辺道路を規制』より抜粋)

 

実際に「関西アマチュア無線フェスティバル2022」はつかしん不審物事件が起きる前日の7月17日にも開催。

場所も「大阪府池田市」の池田市民文化会館で実施されており、加えてつかしんまでの距離も車で15km圏内である為、関西アマチュア無線フェスティバルの客が忘れ物として置きっ放しにしてしまった可能性は否めません。

実際のアマチュア無線とカーナビを比較してみても、姿形が似ており、一見するとアマチュア無線は色んなボタンがある故か怪しくも見えます。

<アマチュア無線>

<カーナビ>

 

以上から、つかしんの不審物とはアマチュア無線であり、「関西アマチュア無線フェスティバル」に来た客の忘れ物だったのでしょう。

つかしん爆発物正体はアマチュア無線か「いたずら利用が多い」

つかしんは関西アマチュア無線フェスティバルの客が忘れた物である可能性は濃厚ですが、近年は「いたずら」で爆発物騒ぎをする迷惑ないたずらも非常に多い。

まずは2013年に新宿で発生した「爆破予告事件」

実際には不審物ではなかった為、悪質なイタズラであることが判明しました。

そして、2017年に発生した六本木ヒルズ敷地内の不審物事件。

この不審物も爆弾ではなく、硬貨が5万円分ぎっちり入っていた不可解な事件でした。

以上からも、爆発物事件はいたずら利用されることが多いのでしょう。

本当に爆発物であれば、無関係の人さえも巻き込む大事件となりかねません。

そんな不安の心理を煽って、いたずら利用する人が増えている可能性は否めません。

https://www.fukuokahachikujyo-pro.com/218/.html
https://www.fukuokahachikujyo-pro.com/221/.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました