東京医療センター労基法違反疑惑

東京医療センター文春砲がエグい「劣悪労働で薬剤関連のミス多発」

東京医療センター労基法違反疑惑

2023年2月9日発売予定の週刊文春にて、東京医療センターの看護師が大量退職したと激白し、更には労働基準法違反の疑いについても公開しました。

東京医療センターの労働環境は「サービス残業」や「人手不足による長時間勤務」など劣悪な状態であることが判明し、更には劣悪な労働環境がたたり、薬剤の調合ミスが多発。
実際に40〜50名の重症患者を抱えていることや、投薬ミス目前であったことなどが明らかとなりました。

東京医療センター文春砲がエグい「劣悪労働で薬剤関連のミス多発」

東京医療センターは東京都目黒区の駒沢大学駅付近にある独立行政法人の医療機関です。

この東京医療センターの労働環境は劣悪であり、人手不足が目立っていると判明。

実際に劣悪な労働環境により、患者への投薬ミス目前だったことや、内服薬の渡し忘れなどのミスが多発していることが明らかにされました。

『夜間の看護師は、ほとんどの病棟で4人。だが、人手不足のため、一般病棟では、昨年12月から夜勤が3人に減ったのだという。

「内服薬の渡し忘れはしょっちゅうで、薬剤の希釈ミスを投与直前に気付いたこともありました。一つの病棟の患者はおよそ4、50人で重症者も多い。3人で看るなんて『怖くてできない』と、12月になって退職希望者が続出しています。退職時に使い切れなかった年次休暇を消化したいと申し出てもなかなか認められないと聞きました」(現職看護師・20代)』
週刊文春『看護師大量退職 国立病院の総本山は労基法違反だらけ』より抜粋)

実際に調べていくと、全身麻酔導入時に研修医がミスをしたという情報も見られ、開き直られる様子も口コミに書かれておりました。

『耳鼻咽喉科でお世話になりました。
全身麻酔導入時、断りもなく一年目の研修医に麻酔の点滴をされ、刺された時痺れているか痛みがあるかも聞かれず、ただ痛みと痺れに耐えました。
しかも結果ミスられ、
「ゆっくり入れれば上手くいくってもんじゃないから!!」とその場で研修医を注意する上の先生。

あとでその上の先生とお話したいと言ってもカルテに名前が残っていないので誰かわからないと。そんなことあっていいのでしょうか?

さらにはその後、左手の感覚に麻痺が残りずっとビリビリとしています。』

以上からも、人手不足で医師の質も落ちており、明らかに労働環境に問題があると言わざるを得ない内容です。

投薬ミス目前だったのも、人手不足が大きく関わっていると見受けられます。

東京医療センター文春砲がエグい「退職申請は年1回の謎ルール」

ところで、東京医療センターの文春砲を見ていくと、他にも病院内で謎ルールが存在。

「退職のタイミングが年に1回しかない」という意味不明なルールが強いられていると判明しました。

『同センターの元看護師によると、「退職のタイミングは年に一度しかない」と嘆く。

「毎年1月に、『来年度末までの退職希望の有無』を回答する紙が配られる。それを逃すと、その後、1年は申し出てもすんなり辞められなかった」』
ヤフーニュース『「日々辞めたいとばかり…」東京医療センターで看護師の16%が退職、さらに半数が退職希望 労働基準法違反の疑いも』より抜粋)

書面を見ても、「予定外の中途退職のないよう、熟慮の上お答えください」という目を疑う内容です。

東京医療センター評判が悪い「不誠実な対応ばかり」

ところで東京医療センターに関する評判を見ていくと、いずれも「不親切」の目立つ内容ばかり。

『産科でかかりました、口コミは良かったことしか書かない主義でしたが、あまりにも酷すぎて…
医師は質問しなければ検査結果や赤ちゃんの状態は教えてくれないし、生活指導なんてしてないのに妊婦指導料含めた高額の妊婦健診費用を支払います。
生活指導してもらえなかったので、自分で調べて体調管理もして母子手帳もしっかり書き込んでいたのですが、助産師は事前に渡してある母子手帳に目は通さないわ、情報収集もろくにせずに喋るので全く個別性のない見当違いな指導をしてきて、逆に指摘する始末。医療の素人の方ならもしかしたら、それでも参考になったとか良かったと思われるかもしれませんが、私は医療従事者なので対応がお粗末だと感じました。』

『整形外科の受診、手術、入院
とにかく看護師が、酷い。
かなりの骨髄炎で手術、入院していましたが、抗生剤の飲み薬と痛み止めを2回も昼間の時間、持ってこなくて、私は日によって回数が違うのかと思ったら、ただ単に看護師が持って来なかっただけ。
本当にいい加減。点滴も、点滴終わっても、何時間も放置。最大6時間放置されました。』

『左足、左手の痺れで救急車で診察を受け、高血圧で降圧剤、そしてCT で脳に以上がないので様子を見て下さいと帰らされました。

翌日手の痺れが酷くなり他のクリニックで1週間後MRI 検査で脳梗塞と判明!

翌日痺れが変わらなければずーっと脳梗塞のまま放置状態じゃないですか。

もっと適切なアドバイスがあったと思われ、なんだかなぁ!』

いずれも医師や看護師の不誠実な対応ばかりと見受けられる内容。

以上からも、医師や看護師の質が落ちているのも、労働環境が原因なのでしょう。

明らかに悪い評判が目立つ東京医療センターです。

渡辺優樹フィリピン人嫁はビジネスパートナー「収入源死守の為に夫を告訴」週刊文春激白
2023年2月9日発売予定の週刊文春にて、渡辺優樹を暴行で告訴したフィリピン人の元妻に関する情報が暴露されておりました。 文春は渡辺優樹のフィリピン人妻に関して、渡辺容疑者と「ビジネスパートナー」であることを激白。 更には告訴状を提...

コメント

タイトルとURLをコピーしました